台北”西門金峰”西門総店 魯肉飯が苦手でもここのは大丈夫

台湾旅行中、お昼ご飯を食べに西門の西門金峰に行ってきました。

きっかけはホテルが西門だったので「西門 グルメ」というキーワードで検索してでてきたので。
ご存知の通り西門は台北の原宿と称される若者の町なのでお店はものすごい数があるのですが、われわれのような観光客とくに子連れとなるとお店を吟味する必要があります。

場所

行き方はMRT西門駅の1番出口から西に歩いて5分ほど。

近くまで行かないと発見できませんが、それほど迷わずみつけることができました。
西門金峰 西門總店

小綺麗な店内

店構えから想像できませんでしたが綺麗で清潔感のあるお洒落な内装

サンドイッチと珈琲をだしたほうがしっくりきそう。

この日は台湾は平日ということもあってか3,4テーブル空いてたので一番奥のテーブルに。
休日だったら混み具合はどうなんでしょうか。

GWということもあり後から隣のテーブルに来た子供2人連れファミリーも日本人でした。

今回注文したもの

オーダーシートをもらって記入。

メインの魯肉飯&鶏肉飯とスープを2種注文。
自分は白飯を1つ追加。あと奥さんがお試しで煮卵を1個。

5分くらいでまずはご飯系がでてきて、少し空けてスープがでてきました。

魯肉飯&鶏肉飯

魯肉飯(小) 30元
魯肉飯
美味い。補足は後述。

鶏肉飯(小) 35元
鶏肉飯
こちらは奥さん注文。

スープ

蛤仔鶏湯 60元
蛤仔鶏湯
ハマグリの塩気とチキンの甘み。さらに生姜が効いていて抜群の味。

金針排骨湯 60元
金針排骨湯
こちらは奥さん注文。なにか漢方の風味がありました。

料金


245元。日本円で約900円。

感想

タイトルにありますが自分は魯肉飯が苦手でした。
というのも2年前初めて魯肉飯を食べたのが夜市のものでした。そのときの魯肉飯が脂身ばかりで、ゼラチン質のプニュプニュした油っぽいものがコロコロしてて見た感じからNGでした。頑張って口に入れてみても美味しくない。もったいないと思ってがんばりましたが、2,3口でごめんなさいだったのです。

ここのは脂身も少なく味も台湾台湾していない。ある意味日本の牛丼チェーンの牛丼とさほど遠くない感じ。(それはそれでどうかという感じですが)

対してスープが漢方のような風味があって日本のチェーン店にはぜったいない味で、魯肉飯とスープを交互に食べるととくに成人男性なんかには堪らないと思います。

スープのおかげで汗がでてくるでてくる。
そういえばこの感じ、以前台湾のどこかで味わったのと似ている。そうだ高雄の大圓環鶏肉飯だ。あちらはお洒落でない屋台式でしたが。

ということでパパには大満足なお昼ご飯となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。