台南で”帆布バッグ”店巡り 合成帆布がおすすめ

GWに台南に行ってきました。
台南には良い帆布バック店がいくつかあるということで帆布バック店巡りをしました。

帆布バック店巡りのルート

われわれが巡ったルートはこんな感じ。

合成帆布行

宿泊先からのルートをグーグルマップで検討した結果、最初は合成帆布行。

工房兼ショップで、店先ではおばあちゃんが椅子に座って作業をしているのが昔懐かしい感じで雰囲気が良かった。

商品デザインも自分好みでした。

小銭入れですが手作りで生地もしっかりしています。ロゴがかっこいい。
日本円で500円くらい。

手提げバッグなんかも2,000円以下の値段で品のいいものがたくさんあり、いろいろ目移りしました。

http://onebag.com.tw

永盛帆布行

次は永盛帆布行。

ちなみに合成帆布行から永盛帆布行に向かうとき円状の交差点があるのですが、円状なので自分がどこにいるのかわかりずらく迷って無駄に歩きながらやっと到着。

商品のデザインが自分はいまひとつでした。
こちらもシンプルで品がいいんだけど、合成帆布の昔懐かしいデザインに比べると固い(よくいえばスタイリッシュ)印象をうけました。

林百貨店

ルート的に付近を通るので林百貨店にも立ち寄ったところ、最初の合成帆布さんとのコラボ商品を見つけました。

林ロゴをあつらえたやはり品の良いデザインで、かっこいいなあと思いました。
こういう昭和初期の学生が持っていたようなデザインって筆者は魅力を感じるんですよね。

http://www.hayashi.com.tw

廣富號帆布包

最後に廣富號帆布包。

われわれが行ったときは残念ながら閉まってました。
次の日に夜に店の前を通ったら開いてましたが結局寄りませんでした。

おわりに

幼児連れでも十分歩いて周れる範囲にこのくらいあります。
途中にも書きましたが台南は古い街なので注意しないとけっこう迷います。

合成帆布の商品はまた違うバッグを買いたいと帰国してからも思ってます。